ドアノブ交換など防犯対策を考えて最適な防犯グッズを探してみよう

スペアキーを作る方法

男女

イモビライザーのスペアの鍵作成を行なう際にはあらかじめ書類を準備しなくてはなりません。また、イモビライザーに対応した鍵屋さんにお願いしましょう。また書類についてもしっかりと調べて準備する必要があります。

More Details...

修理と交換について

男性

ドアノブは常に使用するもので、何時壊れてしまうのかは分からないものです。もし、ドアノブが壊れてしまった場合にはどのように対処したら良いのかを把握しておく必要があります。また、ドアノブの修理や交換の必要性を見ていきます。

More Details...

様々なサービス

積み木と鍵

鍵の110番は、鍵に関するトラブルだけでなく、防犯に関する相談や対策法のレクチャーなども行っています。自宅のセキュリティー対策に自信が無い方でも、電話を通してしっかり相談に乗ってくれます。

More Details...

場所選び

扉

監視カメラを設置する際に

監視カメラを設置する際に一番重要なのは、設置する場所です。 一般的な屋外用監視カメラであれば多少の雨風には耐えれる程度の耐水性があるのが一般的なので壊れることは無いのですが、コネクターとの接続部分などは耐水性を施していないのが一般的なのでそこから錆が発生する可能性があります。 業者に施工を依頼した場合、こういった接続部分は箱に専用の箱に入れて雨風への対策を施すのですが、自分で設置する場合は何かしらの対策を施すようにしましょう。 また設置場所も工夫が必要で、暗視カメラなどは赤外線の反射率の影響で人が真っ白に映ってしまうなどということもあり、その際はカメラの調整が必要です。 その他にも一般住宅で設置する場合は、近隣の家庭が映りプライバシー侵害にならないかという点においても注意が必要です。上記のような防犯設備の設置に加えてドアノブ交換を行なうことで更にセキュリティ性を向上させることができます。

設置の際の工夫について

まず監視カメラの最大の目的というのは、監視する事によっての犯罪への抑止と犯罪に遭ってしまった際の証拠の確保という事をしっかりと踏まえたうえで設置する必要があります。 例えば、時折監視カメラが家の奥に設置されており周りから見づらい位置にあるご家庭がありますが、これは監視カメラの存在という「抑止」に対してあまり効果がありません。なので、犯罪の際に目が付きやすい所に設置する必要があるのですが余りにも見やすい所だと投石などによって破壊されることがあるので、適度に隠れていることも大事です。 またどう考えても侵入する可能性が無い場所を監視してもしかたありませんから、ある程度目安を付けて設置する必要があります こういった様々な工夫や用件があるので、自分では難しいと考えた場合は専門の業者に施工を依頼するというのも一つの手です。また、このような防犯設備の設置を請け負っている業者では別でドアノブ交換にも対応しているケースがあるので、こちらも合わせて相談すると良いでしょう。